2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.30 (Tue)

雨の日の過ごし方

今日は春の雨が朝から降っています。
ちょっと肌寒くて、猫も猫だるまになっていました。

image.jpg

外遊びが大好きな息子は元気があり余って大暴れ!(◎_◎;)
猫も被害を受けてますT_T

こんな雨の日は、ゆっくりと紅茶を飲んで過ごしたいですね♪

紅茶(リーフ)の淹れ方です。

① 汲みたての水道水をヤカンで沸とうさせる。
② ポットとカップをお湯で温めておく。
③ ヤカンのお湯が沸いたら、ポットのお湯を捨てて茶葉をいれる。
④ ヤカンのお湯をなるべく高い位置から注ぐ。
⑤ フタをして、3分〜5分置く。
⑥ 茶葉が開いたらスプーンでそっとひと混ぜ。
⑦ 茶こし(ストレーサー)で漉しながら、カップに回し淹れる。

茶葉の量は種類によって変わります。
基本はティースプーン1杯×人数ですが、我が家の「べにふうき」はティースプーン1杯でポット1杯分を淹れます。(かなり濃くなるので)

蒸らし時間は細かい茶葉は2〜3分間。大きな茶葉は3〜4分。
ミルクティーにする時は5分くらい置いて、濃く淹れます。
茶葉が見える耐熱ガラスのポットがオススメです。

多めに紅茶をポットで淹れて別のポットに漉し入れ、ティーコージーなどで保温すればゆっくり飲む事ができます。

本を読みながらゆっくりお茶するのに、ピッタリ♪
私は今はなかなかできませんがf^_^;

よかったら試してみて下さいね。
スポンサーサイト
09:38  |  紅茶話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.29 (Mon)

新茶②

二回目の新茶がきました(*^_^*)

image.jpg

前回と同じ「するが」のかぶせ茶です。
茶摘みを一日ずらしただけで、水色も香りも違ってきました。
深むし加工をして、深緑の水色です。
荒茶(あらちゃ)仕上げの状態で味も香りもあるので、今回はまずまずの出来のようです。

緑茶の製造工程を簡単に言うと、

⑴ 蒸し→⑵ 乾燥しながら揉む→⑶ 形を整える→⑷ 最終乾燥

この工程を経て荒茶と言われる物になります。
この後、仕上げの工程を経て製品になります。

お茶摘み時期は工場からお茶のとてもいい香りがします。
この香りがしだすと、茶摘み歌の通りに夏が近づきます(^_^)
22:47  |  茶話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.28 (Sun)

お茶摘み 3回目

お茶摘み3回目です。
今日は親戚が集まって、ほぼ一日の作業になりました。

image.jpg

息子より一つお兄ちゃんのT君と一緒に手摘みに挑戦!
摘んだ生葉はちょこっと持ち帰って、天ぷらにする予定です。

午前中は手持ちの茶摘み機(可搬・かはん)でどんどん摘みました。
今日の品種は「するが」のかぶせの残りと「やぶきた」です。

摘んだ生葉はトラックで製茶工場に運びます。

緑茶は生葉の鮮度も出来を左右します。
摘んだ葉はその日のうちに製茶してしまわなければならず、お茶時期は昼夜関係なく工場が稼働します。

今日はかなり暑くなったので、日陰のないお茶畑ではビックリするほど汗をかきました(◎_◎;)

午後は親戚のチビちゃんたち4人の面倒を皆で見ながら、寒冷遮(かんれいしゃ)張りのお手伝い。

image.jpg

寒冷遮はザックリとしたネット状の布で、かぶせ茶を作るための作業に使います。

一週間ほど茶木にこの布を被せて適度に日光を遮り、独特の風味や甘みが出るように手を加えます。

簡単に言うと、日光を遮ると葉っぱが慌てて、エネルギーを蓄えようとするんですね。
そのエネルギーが風味や甘みの特徴となります。

単純作業ですが、なかなか大変なんですよ(^^;;
可搬持ちや生葉の荷運びの方が大変なんですがね。

息子は結局、イヤがりながらもお昼寝をしたので、途中離脱。
暑い日差しのなかでテンションも高かったので、エネルギー切れしてしまったんですね。
グズりながらも茶畑に行きたがるので、大変ですf^_^;
19:21  |  茶話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.27 (Sat)

音脳リトミック教室

音脳リトミック教室に参加しています☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
今日は二回目。

aa.net/image/image-9750d.jpg" target="_blank">image.jpg

先生が読んでくれる絵本に見入る息子。
前は座って聴けなかったのですが、今回はちゃんとイスにおすわり出来ました(^_^)v

音脳リトミックって何だろ〜?と思う方も多いかもしれません。
私も妊娠中にご縁があったんですが、初めは何をするのかな〜って思ってました。
という事で、私たちがお世話になっている教室「♪ハミングバード♪」のブログから引用です。



「音脳リトミック」とは・・・・・

一般社団法人「日本音楽脳育協会」が開発した、
リトミック要素を盛り込んだ『「音楽」による「育児」』コミュニケーション。
(音育児)

☆「日本音楽脳育協会」では、
ただ今「音脳リトミック」と「音脳リズムマッサージ」
2つのプログラムが開講中です

「音脳リトミック」(マタニティ期からシルバー期まで)
♪ハミングバード♪教室では、
SwingBabyクラス(マタニティ期・ベビー期・チャイルド期)を開校中。



簡単にまとめるとこんな感じなのだそうです。
興味のある方はぜひ、検索してみてくださいね(^_−)−☆
23:27  |  育児  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.26 (Fri)

新茶♪

新茶ができました♪ 早速いただきます!

image.jpg

うーん、やっぱり新茶は美味しいです(*^_^*)

茶葉は今朝摘んだ「するが」です。
深蒸しに加工しています。
ちょっと渋みが少ないですが、その分飲みやすいかな。
私は渋みが苦手なのでちょうどいいですが。

茶摘み時期は加工ができた度に試飲するので、たぷたぷの水腹になります(^^;;

我が家の緑茶の淹れ方です。

① 湯ざましにお湯をとり、湯呑を温める。
② お湯が少し冷めたら、茶葉を入れた急須に回し入れる。
③ 茶葉が開くまでゆっくり待つ。
④ 茶葉が開いたら、湯呑に少しづつ回し淹れる。

緑茶は80度くらいのちょっとぬるめで、ゆっくり茶葉を開かせると苦みが出にくくなります。
必ず湯ざましで冷ませてから急須に入れてくださいね。
15:49  |  茶話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.26 (Fri)

手ぬきティータイム♪

image.jpg

甘めのミルクティーを淹れてみました。
ティーパックでマグカップに淹れる、超手ぬきミルクティーですf^_^;

時間がある時はちゃんと本格的に淹れますよ、もちろん。
でも一人でのんびり飲む時は、さっと淹れてしまいます(^^;;

淹れ方はコチラ↓

① マグカップにポットのお湯を入れて、温める。
② くみたての水道水をヤカンで沸かす。
③ ヤカンの湯が沸いたら、マグカップのお湯を捨てて、ティーパックを入れる。
④ ヤカンの湯をなるべく高い位置からマグカップに注ぐ。
⑤ 8割くらいお湯を入れたら、小皿などでフタをして3分〜5分蒸らす。
⑥ 蒸れたらティーパックをそっと出し、ミルクと液体砂糖(パルスイート)を入れて混ぜる。

書くと面倒な感じですが、実際は簡単な淹れ方です。
①〜④は普通に淹れる時にもします。基本なので省略しない方がいいと思います。
あくまで自己流なので、参考までに。

ミルクは温めた方が紅茶が冷めずに飲めます。
(私は熱湯で淹れた紅茶をすぐ飲めるように、室温のミルクで淹れますが)

ミルクの量はお好みで。私はキレイなミルクティー色になるまで入れます。
あんまりミルクが多いとお腹がピーっとなるので(ーー;)
確認しながら入れてますね。

あと、ミルクティーには甘味料を必ず入れます。
味を引き立てる為らしいです。入れないと味がボンヤリしてしまいます。
私はカロリーオフのパルスイートを入れてますが、これはお好みでハチミツや砂糖を選んで下さい。

ちなみに、シナモンはちょっと苦手なので私は入れません。
バリエーションとして、たまにブランデーを一、二滴入れたりします。

次はちゃんとポットでの淹れ方もアップしますね(*^_^*)
14:46  |  紅茶話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.26 (Fri)

公園

息子と二人で公園に行ってきました♪

image.jpg

海のそばにある公園なので、着いたらまず堤防に登って海を見るのが息子の決まり事のようです。
お弁当と水筒も持参ではりきって来ましたが…、めっちゃ強風! しかも海風が寒い!(◎_◎;)
お弁当を公園で食べるのは諦めましたT_T

息子は強風をものともせずに元気に遊具で遊び、遊び疲れてぐっすりお昼寝(^ν^)
ホッとひと息、ティーブレイクしようかな♪
13:48  |  育児  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.25 (Thu)

自分の棚卸

先日、あるセミナーに参加する機会があり、行ってきました。

いろいろ興味深かったのですが、その中でも一番面白かったのが「自分の棚卸」という言葉。
要は「自分を知ろう」という事なんですが、棚卸って言葉をつけるのは思いもよらなかったです。

棚卸っていうと、店や会社で決算期にやる行動ですよね。
在庫を一つ一つ、数えるアレです。
私は長く販売業にいたので、棚卸とも長い付き合いです。
ちょっと面倒なんですが、それをしないとえらい事になるという事を、イヤというほど経験してきました。

それを「自分」に当てはめる。面白くないですか?

自分が今まで何を経験してきたか、何を考えて進んできたか。
いつどこで、何を見てきたのか。
覚えているようで忘れていることを振り返るんですね。

自分ってこんなやったんや〜ってなるでしょ?
長所短所を見つける手がかりになりますね。
楽しそうだけど、やっぱりちょっと面倒かなf^_^;
16:43  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.25 (Thu)

紅茶詰め

image.jpg

初めて自分で紅茶を詰めました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
お土産物に頼まれたもので、一袋60g入りです。

我が家の紅茶はまだ一般のお店には出していません。
知り合いの方や口コミのみでお分けしています。
なので、パッケージも試行錯誤しつつ作っています。
手作り感満載ですf^_^;

今年はお店にも置いていろんな方に飲んで知っていただこう!
と思っています(*^_^*)

緑茶と一緒に、いろんな場所やイベントで試飲会ができるようになりたいな(^ν^)
まずは一歩前進♪ まだまだ先は長いですがねf^_^;

image.jpg

ある程度寝かせた紅茶を淹れました。
摘みたて作りたての紅茶より、香りが優しく味は丸くなっていました。
ワインのように熟成するんですね。

我が家では窒素を入れて保存したり、お茶用の保存箱で保管したりしています。
普通、お茶の賞味期限は約半年。
常温で普通に棚に置いておくと、どんどん味が劣化したり、湿気でカビたりします。
熟成するには条件がそろわないといけない、という事ですね。

気をつけないと、お気に入りのとっておき茶葉がカビだらけ!
という哀しい事態に遭遇します。
(私もやりましたT_T)

とっておきだからこそ、美味しいうちに飲みたいですね♪
14:39  |  紅茶話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.24 (Wed)

工場掃除

工場稼働前の掃除に行ってきました。

image.jpg

息子も連れて行ったので、なかなか手伝えませんでしたが(ーー;)

image.jpg

息子は息子なりにお手伝い。
掃除に使うエアーという機械の音(結構大きい)にビビリながらも、茶殻などを掃き清めます。

この掃除が終わると、いよいよ工場を動かす季節です。
今年も事故なくいいお茶ができますように(*^_^*)
21:00  |  茶話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。